シンガポールでLAN配線工事をしてネットワーク環境を整えよう-カワテックのブログ記事です。

2019年8月5日 シンガポールでLAN配線工事をしてネットワーク環境を整えよう

今回はシンガポールでのLAN配線工事についての情報を共有いたします。

 

 

■どんな時にLAN配線工事って必要なの?

例えばこんな時にLAN配線工事が必要です。

 

✓新人スタッフの追加のパソコンを購入した。
✓新しくオフィスを新設したい。
✓オフィス内のレイアウトを変更したい。
✓既存のLAN環境のスピードの改善見直しを行いたい。
✓既存のオフィスのLAN配線がぐちゃぐちゃで、綺麗にLAN配線をやり直したい。
✓セキュリティカメラや無線LANの機器を天井に設置したい。

 

などなど。

 

■社内LANをギガビット化へ、ケーブル規格はCAT6以上がお勧め

実はLAN配線工事を行う前に、下記のようにLANケーブルの規格を選定する必要があります。

この機会にLAN環境を高速LANに切り替えをして、社内の通信環境を改善してはいかがですか。

 

LANケーブルの規格別スピード一覧表

ケーブル規格 Cat5 Cat5e Cat6 Cat6e/

Cat6a

通信速度 0.1Gpbs 1Gbps 1Gbps 10Gbps
伝送帯域 100Mhz 100Mhz 250Mhz 500Mhz

 

  • Cat5規格のLANケーブル

Cat5規格のLANケーブルは転送速度は100Mpbs (0.1Gpbs)しかありません、

サーバーやパソコンがギガビット通信に対応していても、スイッチングハブとLANケーブルが

ギガビットに対応していなければ、最高の通信パフォーマンスを発揮することはできません。

 

  • Cat5e規格とCAT6規格のLANケーブル

Cat5eの規格ように通信速度は1Gbpsですが、伝送帯域が100Mhzしかないので、

帯域に余裕が無い為に多くのデータを送ることができません。

伝送帯域とは、水が流れるパイプの大きさのようなものであり、

伝送帯域が大きいほど伝送データ量が大きくなります。また伝送帯域に余裕がないと

ノイズの影響を受けやすくなり、通信速度の低下や通信が不安定になることもあります。

その為、一般的に伝送帯域に余裕があるCAT6規格のLANケーブルを使用するのがお勧めです。

スイッチングハブなどの中継機器もこの機会に是非ギガビット対応のものへ変更をお勧め致します。

 

■オフィスレイアウト図のご用意

お手元にオフィスレイアウト図があれば、オフィスのどこにLANケーブル配線が必要

なのかが分かりますので的確な作業が出来ます。

下図の例ですと合計で12本のLANケーブル配線工事が必要とであるということが分かります。

 

■LAN配線工事の流れ

LAN配線工事のお悩み解決までの流れです。

 

1)お問い合わせ

まずはお電話、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

(お問い合わせ後にオフィス図面などをお送り頂くとスムーズです)

 

2)ヒアリング

カワテック担当者がお客様のご要望、問題点などをお伺いさせて頂き、必要に応じて、

現地を下見させて頂きます。

 

3)ご提案

ご確認させて頂いた内容から、お客様に最適なLAN配線工事をご提案させて頂きます。

 

4)お見積り・ご契約

作業内容をまとめお見積りをお客様へご提示させて頂きます。

ご提案内容や工事工程をしっかりとご説明させて頂き、ご納得頂いた上でご契約となります。

 

5)LAN工事ご訪問

技術者が工事にお伺いさせて頂きます、カワテックの担当者がお客様とのお打合せした資料(オフィス図面等)をもとに、ご指定日に工事作業員がお伺いいたします。

 

6)配線工事

実際に配線工事を行います。ネットワーク機器(ルーター、サーバー位置)から端末(パソコンやプリンター)まで配線工事を行います。

 

✓オフィスの床がOAフロア(レイズドフロア=Raised Floor )の場合は、床下に配線を行い、端末位置近くの床からケーブルを出し、端末の場所まで綺麗に配線いたします。

 

✓LANケーブルの規格上1本のケーブルで最長100メートルまでカバーできます、

もし長さが100メートル以上となった場合は、その場合は必要に応じて中継用スイッチ(Switch)を設置します。

 

✓ルータやスイッチ、及び端末のパソコンに接続できるように、LAN用モジュラージャック(RJ45)を両端に施工します。

 

✓ケーブル試験テスト後にLANケーブル1本毎にケーブル番号が記載されたラベルを貼ります。

 

✓接続機器が全て揃った状態であれえば、全ての機器に接続し、接続動作確認をします。

 

8)検収作業

お客様に作業完了のご説明とご確認を頂き、作業報告書をご提出して作業は終了です。

 

 

■LANケーブル配線工事費用の目安

項目 料金 補足事項
初期費用 LANケーブル配線工事(Cat5e利用) S$100/1回線のケーブル配線工事あたり 費用は両端につけるLAN用モジュラージャック、ケーブル導通試験、ケーブルラベル作業も含みます。
LANケーブル配線工事(Cat6利用) S$120/1回線のケーブル配線工事あたり 費用は両端につけるLAN用モジュラージャック、ケーブル導通試験、ケーブルラベル作業も含みます。
※休日や営業時間外の配線工事は別途料金が必要となります

 

■KawatecはシンガポールでLAN配線工事をワンストップでご提供しております
詳しいサービス内容等については、カワテック法人営業担当の加藤(かとう)、福田(ふくだ)
までご連絡をお願いいたします。

 

■LANケーブル配線工事の事例
Kawatecがワンストップ対応した無線LAN工事の事例をご紹介
大手日系飲食企業様向けにオフィスの無線LAN工事をさせて頂きました。
⇩(事例は下記をクリックしてください)

無線LAN提案・構築

 

  • 日本語環境PCが欲しい
  • PCの不具合を直したい
  • 無線LANの導入・構築
  • 大切なデータを復旧したい
  • データを完全消去したい
  • ビジネスフォンを導入したい
  • 業務用サーバーを入れたい
  • クラウド環境を構築したい
  • VPNを構築したい
  • システム開発を頼みたい
  • TV会議システムが欲しい
  • 監視カメラを導入したい
  • 入退出管理を強化したい
  • オフィスを丸ごと構築したい
  • IT保守管理を全て任せたい

パソコン1台の購入からオフィスの丸ごとIT移設まで、ITに関することなら親身に丁寧に何でもお応えしています。
しつこい営業などは一切致しません。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お名前 必須
電話番号 必須
お問い合わせ種別 必須 ご相談お見積もり法人様IT保守サポートその他
お困りごと・
ご要望
日本語環境のパソコンがほしいPCの不具合を直したいLAN構築工事を頼みたい大切なデータを復旧したいデータを完全消去したいビジネスフォンを導入したい業務用サーバーを入れたいクラウド環境を構築したいVPNを構築したいシステム開発を頼みたいTV会議システムがほしい監視カメラを導入したい入退室管理を強化したいオフィスの一括構築を頼みたい当社のIT保守管理内容を聞いてみたい今頼んでいる会社と比較したい必要な時だけ対応してほしい定期的にオフィスに訪問してほしいオフィスに常駐してほしいサーバーの運営・管理を任せたいデータのバックアップがしたいWi-Fi環境を構築・管理してほしいシステム開発を頼みたいITに詳しいスタッフがいないITインフラを丸ごと整備したい日本語で対応してほしいその他
お問い合わせ内容


TOPへ戻る