厳しい社長の姿勢にある正しい信念 (2020年4月 社長の月次コラム)-カワテックのブログ記事です。

2020年4月2日 厳しい社長の姿勢にある正しい信念 (2020年4月 社長の月次コラム)

社長には優しさが必要ですが、「優しさ」と「甘さ」を間違えてはいけません。

人に対する甘さとは、その場凌ぎをすることです、「叱ったりすると恨まれるかもしれない」

「こんなことを言うと辞めちゃうかも」という気持ちが先に立ち、

社員を叱るべきときにしかることができないのは、甘さであり、優しさとはほど遠いのです。

社長は社員に対して、ダメなことは、ダメとはっきりと言わないといけません。

悪いところをしっかりと指摘しなければ、その社員は良い方向へ進めませんし、組織全体が良くなりません。

 

リーダーとして部下に厳しいことを言うには勇気が必要です、ものすごいエネルギーがいるのです。

その勇気があるかどうかが、リーダーとして最も試されるところではないか。

その勇気やエネルギーはどこから湧いてくるのか、それは社長の信念です。

「良い仕事をして、お客さんに喜んで頂き、働いている社員さんを幸せにしよう」

といった信念があるリーダーは厳しいことも言えるのです。

つまり、社長に求められるのは、「正しい信念」を持つことです。

 

 

社長が社員さんに厳しいことを言って、その社員さんに本当に動いてほしいと思うなら、

まずは社長自身が動くべきです、社員は社長の背中を常に見ています、

人を動かすのに「理屈や論理」を勉強している人もいますが、

そもそも理屈や理論で人は絶対に動きません。

 

社長は、社員さんの先頭に立ち、社員さんと同じ方向を向き、

そして社員さんと一緒に精一杯取り組む姿勢を見せる必要があります。

社員さんがやることを社長が全てやることは不可能です、

しかし会社の重要な方針に関わるような重要な局面に関しては、

リーダーが率先してするべきで、たとえ社員さんがやらなくても、

自分だけでもやるくらいの強い気持ちを社長は持っておかなければならないのです。

何度も言うようにその原動力は「お客さんと大切にしよう」「社員を幸せにしよう」

「会社を良くしよう」という信念です。

 

Kawatecグループ代表:川辺高峰
3月2020年

  • 日本語環境PCが欲しい
  • PCの不具合を直したい
  • 無線LANの導入・構築
  • 大切なデータを復旧したい
  • データを完全消去したい
  • ビジネスフォンを導入したい
  • 業務用サーバーを入れたい
  • クラウド環境を構築したい
  • VPNを構築したい
  • システム開発を頼みたい
  • TV会議システムが欲しい
  • 監視カメラを導入したい
  • 入退出管理を強化したい
  • オフィスを丸ごと構築したい
  • IT保守管理を全て任せたい

パソコン1台の購入からオフィスの丸ごとIT移設まで、ITに関することなら親身に丁寧に何でもお応えしています。
しつこい営業などは一切致しません。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お名前 必須
電話番号 必須
お問い合わせ種別 必須 ご相談お見積もり法人様IT保守サポートその他
お困りごと・
ご要望
日本語環境のパソコンがほしいPCの不具合を直したいLAN構築工事を頼みたい大切なデータを復旧したいデータを完全消去したいビジネスフォンを導入したい業務用サーバーを入れたいクラウド環境を構築したいVPNを構築したいシステム開発を頼みたいTV会議システムがほしい監視カメラを導入したい入退室管理を強化したいオフィスの一括構築を頼みたい当社のIT保守管理内容を聞いてみたい今頼んでいる会社と比較したい必要な時だけ対応してほしい定期的にオフィスに訪問してほしいオフィスに常駐してほしいサーバーの運営・管理を任せたいデータのバックアップがしたいWi-Fi環境を構築・管理してほしいシステム開発を頼みたいITに詳しいスタッフがいないITインフラを丸ごと整備したい日本語で対応してほしいその他
お問い合わせ内容


TOPへ戻る