シンガポールでネットワークスイッチを導入する前の豆知識-カワテックのブログ記事です。

2019年8月12日 シンガポールでネットワークスイッチを導入する前の豆知識

今回はシンガポールでネットワークスイッチを導入する前に知っておいた方が良い

基礎知識を共有いたします。

 

 

■ネットワークスイッチとは?
ネットワークスイッチとは、簡単に言うとネットワークの中継をおこなう機器のことです。
現在のオフィスのネットワークにおいて最も多く使われている機器がLANスイッチです。
スイッチは企業のネットワークのさまざまな部分に利用されており,利用場所によって求められる機能もさまざまです。
机の上に置いて使う小型スイッチから企業の中心のネットワークを中継する為に使われる大型スイッチまで様々な種類があります。

 

■シンガポールで代表的なネットワークスイッチのメーカーのご紹介

シンガポールではネットワークスイッチは数多くのメーカーが流通しており、

1台数十ドルの低価格モデルから数千ドル台の高機能なモデルまで幅広い商品

ラインナップがあります。

 

1) Cisco(シスコ)

丈夫で耐久性があるのが特徴で大規模ネットワークのアクセスレイヤから、小規模ネットワークまでを構築できる商品ラインナップがあります。

 

2) Hewlett Packard Enterprise (ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)

大企業の支社・支店や中規模ネットワークに最適なコストパフォーマンスの高いスイッチです。

 

3)D-Link(ディーリンク)

台湾のメーカーで低価格な商品が多く、小規模なオフィスでのご利用に最適です。

4)TP-Link(ティーピーリンク)

中国のメーカーで低価格で小規で模なオフィスで利用されています。

■万が一のネットワーク障害の準備はできてますか。

法人用のネットワークスイッチに求められる機能は、ネットワークの規模によって大きく左右します。

スイッチ選びで特に重要なのが耐障害性です、多い時では1台のスイッチングハブに40台以上の端末が接続されるため、このスイッチが故障するだけで40人以上の仕事に影響を及ぼしてしまいます。
したがってネットワークスイッチを導入する前に冗長化の設計を考えるなどして
重度な障害が発生しても、会社運営に影響を与えることを最小限に抑えるように工夫することが重要です。

 

■面倒なネットワークスイッチの設計から、設定までカワテックにお任せください !

ネットワークスイッチは企業ネットーワークを作る上で確認すべき項目が多くあります。

カワテックがネットワークスイッチに関してお客様のご予算・目的・環境に適した提案をいたします、ネットワークスイッチの初期セットアップ、導入後のサポートまでを丸ごとお任せくだい。

 

■Cisco製品のネットワークスイッチの導入事例
Kawatecがワンストップ対応したCisco製品のネットワークスイッチの導入事例をご紹介
大手日系飲食企業様向けにオフィスのLAN工事をさせて頂きました。
⇩(事例は下記をクリックしてください)

無線LAN提案・構築

  • パソコンが起動しない
  • データを復旧してほしい
  • ネットに繋がらない
  • メールの送受信ができない
  • パスワードが分からない
  • iPhoneの液晶がバキバキに
  • PCの画面が割れてしまった
  • ipadの充電ができない
  • 家の中を無線環境にしたい
  • 最近、動作が遅くなった…
  • 電源が勝手に落ちる
  • キーボードが利かない
  • データ移行がしたい
  • ウィルス感染してしまった
  • Macの修理がしたい

パソコン、タブレットなどIT周りの気になることは何でもお尋ね下さい。しつこい営業などは一切致しません。
些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お名前
電話番号 必須
該当する項目を
チェックして下さい
店舗来店/店舗持ち込みを希望出張修理を希望その他
お困りごと・
ご要望
日本語環境のパソコンがほしいデータを復旧してほしいデータを移行したいPCに不調があるPCを処分・破棄したいiPhone/iPadに不調があるスマホやiPhoneの使い方が知りたいPCの周辺機器の設定をしてほしいインターネットに接続できないPC周辺機器の設定をしてほしい自宅やオフィスを無線LAN環境にしたいその他
お問い合わせ内容


TOPへ戻る